会員企業


山武市おもしろガイド


生活お役立ちガイド


山武から心のこもった贈り物 「うまいもん千葉」


山武市観光協会

 

 

 

山武市おもしろガイド


七福神とは?

七福神とは福禄寿、布袋、毘沙門天、大黒天、弁才天、寿老人、恵比寿天の七神の総称です。福禄寿・寿老人は、長寿の神様。布袋は、中国の実在の人物で弥勒菩薩の化身。毘沙門天・大黒天は、仏法守護の戦闘神。弁才天は、音楽・弁才を司る女神。恵比寿天は、海運守護や商業繁栄の神様(別の見方で福禄寿は人望、寿老人は長寿、布袋は大量、毘沙門天は威光、大黒天は富財、弁才天は愛敬、恵比寿天は正直という見方があるようです)。
七福神は、中国、インド、日本の神様と、国境を越えて集っておりますが、偶然集まったわけではありません。七福神の七は、古来より聖なる数とされていて、七福は「仁王護国般若波羅密教」(天海僧正)にある「七難七福」(七難即滅七福即生)に由来しています。「災厄から逃れたい、福を授かりたい」そんな庶民の願いが、誕生の背景にあるのでしょう。
本来、七福神巡りは元旦から7日までにそれぞれの神社やお寺を巡り、一年の福を授かる事として広まったのですが、ふところ深い七福の神の前では、お参りの時期にこだわることも不要でしょう。

 

七福神めぐり行程

(1)JR成東駅起点のコース
成東駅→900m→観音堂→100m→光明寺→1500m→月蔵寺→2000m→宝積寺→3600m→真光寺→3000m→海巌寺→1400m→慈広寺→70000m→成東駅

(2)JR松尾駅起点のコース
松尾駅→1500m→宝積寺→3600m→真光寺→3000m→海巌寺→1400m→慈広寺→7500m→観音堂→100m→光明寺→1500m→月蔵寺→2000m→松尾駅

※所要時間:車で約2時間、徒歩で約6時間を、目安としてください。

 

◆お問い合わせ
九十九里七福神めぐり事務局 0475-82-4597(光明寺内)

◆御朱印
御朱印紙  500円    御朱印代  1ヶ寺200円

 

毘沙門天 

新泉観音堂  山武市新泉 光明寺別当
ロケーション

 毘沙門天のルーツは、インドにあります。東を守護するドリタラーシュトラ(持国天)、西を守護するヴィルーパークシャ(広目天)、南を守護するヴィルー ダカ(増長天)に、北を守護するヴァイシュラヴァナ(多聞天:毘沙門天)を加えて、四天王と呼ばれていました。上杉謙信が、丸に「毘」の字をかたどった戦 旗を使用していたという話も有名ですが、上杉謙信自身が毘沙門天の生まれ変わりであると信じていたという説もあります。
 インドの地では、財宝神とされており、武神として伝わったのは、中央アジアから中国へ至る過程であったといわれています。
 戦闘の神様がなぜ、福の神である七福神の一員になったのかは、妻が幸福の女神である「吉祥天」だからと言う説や、軍神的性格が貧乏神退散に繋がったと言う説などいろいろ有ります。学業成就のご利益もあります。

寿老人 

富田光明寺 
山武市富田1715  TEL.0475-82-4597

ロケーション

 道教の神様で、一般的に、手には杖・団扇・桃などを持ち、鹿を従えた姿が有名です。団扇、鹿、どちらも長寿の象徴です。不老不死の仙薬が入ったひょうたんを持っていることでも知られています。
 道教の中でも黄帝(古代中国の伝説上の帝王で漢方医学の祖)とならび称されている老子の化身とも言われており非常に高位の神です。
 一般的には『寿老人』と、記されることが多いですが、『寿老神』と、記す場合もあります。
 寿老人も福禄寿も、南極星の化身であることから、同一神であるという説もありますが、現在は七福神の一翼を担っております。

大黒天 

早船月蔵寺 
山武市早船147  TEL.0475-82-5299

ロケーション
 インドの神様で、マハーカーラという名前を持っています。マハーカーラは、ヒンドゥー教の主神シヴァの数ある呼び名のひとつで、マハー(大いな)カーラ(時もしくは暗黒)という名前から大暗黒天とも言われています。
 打出小槌・大袋・米俵、福の固まりといったイメージは、大国主命(おおくにぬしのみこと)の大国(だいこく)と大黒の音が通じ合うことから、両者が同一視されたからといわれています。
 このようなことから、当初破壊と豊穣の神として信仰されておりましたが、現在では豊穣面が強くなり、食物と財福を司る神として信仰されています。

福禄寿 

大堤宝積寺 
山武市松尾町大堤449  TEL.0479-86-4080

ロケーション

 道教で強く希求される三つの願い、幸福と封禄と長寿の三徳を具現化しものという説や、中国の宋時代にあらわれた道士で年齢は数千歳という人物のことだという説、泰山府君(泰山とは中国五山の一つで、その神が寿命を司るといわれている)であるとう説もあります。
 日本にも古くから泰山府君信仰が伝わり、長寿の神として信仰されていました。また福・禄・寿を備えた神は人徳も備わっていることから、人徳の神としても親しまれています。
 「鶴上の仙人」とも言われており、海外旅行や、留学先での安全を守ってくれる神様としても人気があります。

布袋尊 

借毛真光寺 
山武市松尾町借毛本郷1238-1 TEL.0479-86-4386

ロケーション

 福々しさで福の神に抜擢された布袋は、七福神で唯一実在した人物といわれています。釈契此(しゃくかいし)は、太鼓腹で、そのトレードマークである、大きな袋を常に背負っており、受けた施しを袋に入れていたことから布袋という俗称がついたとされています。
 布袋が残した偈文に「弥勒真弥勒、世人は皆な識らず」という句があったことから、弥勒菩薩の化身なのだという伝聞が広まり、その没後あまり時を経ないうちから、布袋の図像を描く習慣が中国江南地方で行われていたといわれています。
 中国では、弥勒仏の姿形は、日本の布袋の姿形となり、寺院の主要な仏堂の本尊に、弥勒仏として安置されるのが通例となっているようです。
 十八羅漢の一人にも数えられています。

弁才天 


木戸海巌寺  
山武市木戸432  TEL.0475-84-1296

ロケーション

 ヒンドゥー教3大主神の一人ブラフマン神(梵天)の娘と言われ、名をサラスヴァティ(水を持つものの意)、一説ではインダス川の神格化と言われていま す。豊穣の女神とされ、河の流れが音楽に例えられ、音楽の女神となりました。言葉の女神ヴァーチュと同一視され、弁舌、学問の神様としても敬われていま す。初めは、弁才天と呼ばれていましたが、巳の日に弁才天参りをすると財を得ることが出来るという噂が出て、蓄財の神として信仰され、才の文字を「財」に 換えたものも有るようです。起源を辿るとゾロアスター教の水の女神アナーヒターと同根と言う説もあります。アナーヒターはメソポタミアのイシュタル、ギリ シャのアフロディーテ(ビーナス)やアルテミスにもつながると言う考えもあるようです。

恵比寿  


小松慈広寺 
山武市小松726  TEL.0475-84-0071

ロケーション

 七福神のなかで唯一の日本生まれの神様です。
 葦の船で流され、運よく浜に流れ着いたという言伝えから、イザナミとイザナギの第三子の蛭子大神(ひるこおおかみ)と同一視されています。一説には、大 の釣り好きと言う点から事代主命(ことしろぬしのみこと)と言われたり、釣り・鯛・海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)との結婚から山幸彦(神武天皇のおじい さん)であると言う説まであります。前述で日本生まれの神と書きましたが、これについても異を唱える説があります。「恵比寿」と言う字は「夷」や「戎」と 書かれます。この夷は「大」と「弓」にて構成されています。この文字は中国東方の弓を引く異民族を指していると言う説です。後者は「戈(ほこ)」「十(甲 の異形で鎧の意)」となり、中国西方の異民族をあらわすのだそうです。
 大漁を司る神として、商売繁盛の神として、信仰を集めています。

 

山武おもしろガイドに戻る